2007年12月26日水曜日

古代神聖ユダヤと日本の民:カゴメの唄の鶴と亀

甦った神々―「歴史封印者」と「日月神示」の黙示録

古代日本に仕組まれた暗号は、約束の地、約束の時、約束の人を示していた?



古代三輪山の祭祀形態の新発見から、古代史探訪への旅に出た著者は、“古代日本の封印者”の存在と彼らの暗号に気づき、古代史の謎と暗号の解明に挑む―。


日本のルーツは古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part1



日本のルーツは古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part2



2006/11/29のブログ記事「真実は秘密がないところに有ります。」
http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=11&d=29


皆神山の謎・長野超古代文明篇 予告編



皆神山の謎・神々の深淵篇 予告編



2007/10/21 葦嶽山 鬼呼山 鏡岩 太石柱


失われたアークと十支族の探索にロスチャイルド家は来日していた!!

かなり長い映像ですが、宇野正美の講演内容です。


なんども書きますが2007年2月25日に阿修羅掲示板に全米ユダヤ協会のことを偽ユダヤだと発信した2日後に僕のマンションの屋上にUFOが出現した。

http://www.m-ken-net.com/ufo1.htm

今の全米ユダヤ協会は本当のユダヤ(高次元意識が高い)ではないのでは?

http://www.asyura2.com/07/bd47/msg/692.html

これらの話が神坂新太郎さんと坂本さんのUFO搭乗したときの話とほぼ同じ内容です。

坂本さんは以前のTVでは面白おかしく編集されていたようで、ご本人も困惑気味でしたようですが、僕は直接その坂本さんにお話をお伺いしました。

神坂新太郎先生が言っていた内容とほぼ同じ内容で、日本人の同胞が地球の地下に存在していると言うのです。


その根拠が先般の夕刊フジでも坂本発言がある。



伝説の男の発言が「日本と宇宙人が手を組んだら、アメリカにとって最大の脅威となる。アメリカはこの事実を知っている。だから日本政府に事実を公開しないよう圧力をかけてきた」と発した。



さらに坂本さんの自宅の近く(六甲山)からUFOに搭乗して地下のクリスタル結晶の空洞があるところに入ったというのです。


(あまりにもトンデモナイ話ですが、ガリレオのTV番組のその内容とも同じ状況です)

そしてその坂本さんは小型UFO通称「ディスク・スキャナー」をビデオに撮影されて います。


そのディスク・スキャナーは丸いカタチで無人タイプですが、有人タイプのUFOも最新型は丸い球状であると言うのです。

その証拠に僕の家の前のマンションの屋上に出現したUFOも丸い形をしているのです!!
しかも、神坂新太郎先生がマザーシップに搭乗されるはるか昔に坂本さんは少年期にUFOに搭乗して月にも行ったと言うのです。

奥野さんと言う方が昔に武良さんと坂本さんとがTVで取り上げれた番組をHPに掲載されている資料があるので参照下さい。

http://uumusou.yamanoha.com/general/tv/fuji-tv/choijinden.htm

http://uumusou.yamanoha.com/general/tv/nihon-tv/nannohi.htm


M総研が何を言いたいのか?といいますと、古代日本とユダヤは同胞で間違いなく、地底世界に存在する「アルザル」が地上に出てくる時とは「カゴメの唄」にある籠目(カゴメ)籠目カゴメ、カゴノの中の鳥は(鳳凰が封印されいるいついつでやる、夜明けの晩にがすべった後ろの正面だれ
まさしくその時が近づいているので はないかと強く感じます。


神谷さんが撮った「鳳凰」の不思議な写真が非常にきになる。

1 件のコメント:

white さんのコメント...

M総研さんこんばんは。
皆神山には一昨年行って来ましたよ。
サンデー毎日の記事を読んで以来どんな山なんだろうと想像していたんですが、私の判定では、ピラミッドではないという印象を受けました。ただ、結構離れた位置から見ると(オリンピック道路あたり)すごく異様というか異質でした。不思議な山という感じはさらに深まりました。